TOP PLAYER INTERVIEW

大企業でイノベーションがうまくいかない理由【ネスレ本社バイスプレジデントが語る変革の流儀】

ピート氏が感じる「日本のマーケターの強みと弱み」

——日本と仕事をする機会もあると思います。最後に、日本のマーケターの強みと弱みについて、どのように考えているのか教えてください。


 まずは、弱みから話します。日本に限った話ではないですが、伝統的なプロセスを重視するばかり、そこから離れようとしません。どのプロセスを残すべきで、どのプロセスを削除するべきか、確かに判断は難しいのですが、伝統的なプロセスに固執してもイノベーションは生み出せません。

 また一方で、強みについて話します。自著にも書きましたが、コンサルタント時代にトヨタ自動車やソニーなどの日本企業が私のクライアントでした。これらの会社は、消費者からのフィードバックにこだわり、クオリティをしっかりコントロールしていました。

 その結果、統計的には重要ではないと判断するようなことが、より重大な問題だと分かったこともありました。私のコンシューマーフィードバックやカスタマーサービスへの情熱の多くは、日本企業から始まっています。これは日本企業やマーケターにとって素晴らしい価値だと思います。
 
欧州の最新ケーススタディやマーケティング戦略を体験するツアー
「EUROPE TOUR2019」 (主催:近畿日本ツーリスト、企画協力:ナノベーション)
詳細は、こちら
他の連載記事:
TOP PLAYER INTERVIEW の記事一覧

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録