カンファレンス #02

最新「脳科学」と「行動経済学」で、消費者に効果的にアプローチする方法 【早稲田大学「WASEDA NEO」×ナノベーション 共同企画】

前回の記事:
早稲田大学「WASEDA NEO」と、ナノベーションが共同企画で講座「トップマーケターから学ぶ マーケティング思考と実践」開催
 

最新研究から、真の消費者像を明らかに


 早稲田大学「WASEDA NEO」と、マーケティング領域のカンファレンスを行うナノベーションの共同企画であるオンライン講座「トップマーケターから学ぶ マーケティング思考と実践」の第2弾が12月18日開催される。

 講師として登壇するのは、シンガポールのニールセンなどで活躍したニューロサイエンティストの辻本悟史氏。ファシリテーターは早稲田大学商学学術院 教授/社会人教育事業室長の守口剛氏が務める。



 テーマは「最新『脳科学』と『行動経済学』で、消費者に効果的にアプローチする方法」。最近の研究によって、消費者は多くの場合、順を追ってロジカルに消費行動をしているわけではなく、無数の情報を瞬時に直感的に処理していること、そして、それとともに沸き起こる感情の反応が意思決定の主要な駆動要因になっていることがわかってきている。

 しかし、多くのマーケターは、旧来の消費者像や消費者行動モデルに呪縛されているため、消費者は常に合理的かつロジカルに意思決定しているという前提で活動をする傾向にある。そこで今回の講座では、人間の認知や記憶をつかさどる脳の仕組みを解説し、企業のマーケティング担当者がより効果的なブランド戦略、キャンペーンを実施するためのヒントを提供する。
 
【「WASEDA NEO」 その他の注目オンライン講座】
 「小売業はメディアになる」~全国から注目される北九州ドラッグストアの独自戦略~
講師:株式会社サンキュードラッグ 代表取締役社長 兼 CEO 平野 健二氏
詳細・お申し込みは、こちら
 

講座概要

 
名称:
トップマーケターから学ぶ マーケティング思考と実践 Vol.2「最新『脳科学』と『行動経済学』で、消費者に効果的にアプローチする方法」
日時:
2020年12月18日(金) 19:00 - 21:00
開催方法:
オンライン(ZOOM)
※受講者の方に、講義前日に受講用のURLとパスワードを送付
定員:
300人
価格:
3300円
申込期限:
2020年12月18日 13:00

詳細・お申し込みは、こちらから

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録