ダイレクトアジェンダ2021

「ダイレクトアジェンダ2021」開幕、テーマは「Biz Transformation」

 

通販・ECの「ビジネストランスフォーメーション」

 直販・通販事業に携わるトップマーケターが集結するカンファレンス「ダイレクトアジェンダ2021」が7月1日、ベルサール御成門タワー(都内)で幕を開けた。200人を超える国内外のブランド企業やパートナー企業の参加者で、会場は熱気に包まれた。

 オープニングキーノートは、「ダイレクトマーケティングの現在と未来。今後3年間で起こるイノベーションは何か?」と題して、アパレルブランドのアダストリアのECを統括する 執行役員 マーケティング本部長 田中順一氏、パーソナライズ美容商品を展開するSparty 代表取締役 深山陽介氏、スーツのカスタムオーダーを手がけるFABRIC TOKYO 代表取締役社長 森雄一郎氏が登壇。「いま企業が取り組むべきこと」「3年後を見据えて、これから取り組むべきこと」について迫った。
 
キーノートの様子

高齢者への人間理解と独自の通販戦略

 2日目のキーノートには、「通販の常識を疑え。業界トップのサントリーウエルネスが挑む改革」をテーマに、サントリーウエルネス 代表取締役社長の沖中直人氏と、DINOS CORPORATION CECOの石川森生氏が対談予定。高齢者のインサイトを理解や、シニアビジネスで信頼を得る顧客への寄り添い方など、サントリーウェルネスならではの通販業界の「真の道」を聞く。
 

コロナ禍での開催、感染対策も念入りに

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、感染対策にこだわった。

 入場時の検温や手指の消毒はもちろん、会場内にはナノテコの「ウイルスガードウォール」で空気感染対策を実施。各テーブルには、新菱より提供された「アンチウイルススプレー」を設置したほか、「アンチウイルスウェットタオル」を配布した。  
ウイルス対策グッズ

 また、参加者全員に対して、ネット印刷やテレビCMサービスでおなじみの「ラクスル」の協力のもと、「ダイレクトアジェンダオリジナルマスク」、シャボン玉石鹸の協力のもとハンドソープ「バブルガードボトル」を提供。名刺交換もQRコードだけでできるよう、Sansanの協力のもと参加者全員に「Eight」を活用した。
 
シャボン玉石鹸の「バブルガードボトル」

 本カンファレンスは、今回が5回目の開催。ダイレクトマーケティング領域において企業が直面している課題を2日間集中的にディスカッションし、解決策を導き出しながら、業界を超えてネットワーキングを深めていく場となる。

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録