マーケティングアジェンダ2021

高岡浩三氏、足立光氏の登壇が決定、マーケティングアジェンダ2021が9月沖縄にて開催。【参加企業募集中】

 

テーマは「続・人間理解」、マーケティングの核に迫る

  2021年9月8日から11日にかけて沖縄県・読谷村(ロイヤルホテル沖縄残波岬)でマーケティングをテーマにしたカンファレンス「マーケティングアジェンダ2021(主催:ナノベーション)」が開催される。今回のテーマは、昨年の「人間理解」に続いて「続・人間理解」になる。
 
マーケティングアジェンダ2020の様子
 「マーケティングアジェンダ」は国内外のブランド企業などトップマーケターが集結する合宿形式のカンファレンスで、今回が5回目の開催。マーケティングコミュニケーション領域において、企業が直面している課題をディスカッションし解決策を導き出しながら、業界を超えてネットワーキングを深めていく。3泊4日で行われる本カンファレンスプログラムの中には、注目キーノートとラウンドテーブル ディスカッションが4つあり、今回はその中の2つを紹介していく。
 
マーケティングアジェンダ2021 公式ページは、こちら
 

 

キーノート#1 「ある経営者の人間理解についての考察」

 北海道でホットヨガスタジオを立ち上げ、約10年で全国に75店舗を展開し、急成長しているLIFE CREATEの代表取締役社長である前川彩香氏が登壇する。社員数約600人で、その女性社員比率は99%で、社内研修の度に必ず感動して泣く人が続出するという。

 「人が感動して泣く」ということは、人間の軸を捉えているということに違いないという仮説から、前川氏の人間理解のメソッドをPreferred Networks執行役員 最高マーケティング責任者の富永朋信氏が切り込みます。

前川彩香
ライフクリエイト 代表取締役社長
富永朋信
Preferred Networks 執行役員 最高マーケティング責任者
 

キーノート#2 「イノベーションメソッドの根本に迫る~人のキモチの読み取り方~」

 元ネスレ日本の高岡浩三氏は、2010年に日本人として初のネスレ日本の社長に就任。「ネスカフェアンバサダー」「キットカット受験生応援キャンペーン」など、画期的な施策の「生みの親」として知られている。また、日本経済新聞 電子版の取材記事でマーケティングについて「マーケティングとは、顧客が抱える問題をいかに解決するか」と語るなど、顧客理解、ひいては人間理解についても知見を持っている。

 聞き手には、ファミリーマート エグゼクティブ・ディレクター チーフ・マーケティング・オフィサーの足立光氏を迎え、高岡氏が考える「顧客」とは一体誰で、顧客理解のためにマーケターに求められることは何なのか考える。

高岡浩三 
ケイアンドカンパニー 代表取締役社長
足立光 
ファミリーマート エグゼクティブ・ディレクター 
チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)

 

マーケティングアジェンダ2021 概要

名称:
marketing Agenda 2021 (RA21)
日時:
2021年9月8日(水)-11日(土) <3泊4日>
会場:
ロイヤルホテル沖縄残波岬(沖縄)と周辺施設)
参加者:
ブランド枠 200名、パートナー枠 200名
参加方法:
ブランド枠:審査制、プレミアムブランド枠:20万円(税込 22万円)、  
パートナー枠:参加費:48万円(52万8千円)
ハッシュタグ:
#ma21
主催:
株式会社ナノベーション
特別協力:
アジェンダノート(Agenda note)
マーケティングアジェンダ2021 公式ページは、こちら

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録