ライジングアジェンダ2022

若手マーケターに特化した「Rising Agenda 2022(ライジングアジェンダ)」の初開催が決定、次世代を担う人材が集結【参加者募集中】

 

次世代を担うマーケターが「個」を高める場


 2022年12月7日、次世代を担うマーケターが集まるカンファレンス「Rising Agenda 2022(以下:ライジングアジェンダ)」の東京開催が決まった。参加者に35歳以下という年齢の目安を設け、若手マーケターのみが集まる場になり、今回が初開催となる。

 「ライジングアジェンダ」は「ライジングスター」という言葉が由来となり、誕生したカンファレンス。「ライジングスター」の意味は、期待の星、将来性のある人物または格付けが上がった企業などを指す言葉。将来、マーケティング業界を背負っていくトップマーケターを生み出していくカンファレンスにする、そんな想いで企画された。

 そんなライジングアジェンダは「個」としての成長に力を入れる。「VUCA」と呼ばれ未来の予測が困難な時代に、ビジネスで勝ち続けるためには、マーケターそれぞれが「個」を高め続けなければいけない。しかし、刺激のない環境の中で、日々仕事をしても「個」としての成長は見込めない。そのため、「個」を高めるためにはレベルに合ったトレーニング環境が重要になる。

 今回の「ライジングアジェンダ」では若手マーケターを中心に、参加者同士が切磋琢磨できる機会の提供と、将来のエグゼクティブ候補のネットワークをつくることを目的としている。さらに、現役のトップマーケターが直接指導するプログラムを行い、マーケティングを牽引していく上で必要な知識やスキル、視座を得ることができる。

 オープニングキーノートには、ファミリーマート エグゼクティブ・ディレクター CMOの足立光氏によるセッションが決定している。また、P&Gで日本とグローバルのマーケティングを経験し、現在ではマネーフォワードのビジネス全体とCMOを兼任している駒口哲也氏や近未来を実現するクリエイティブカンパニーのワントゥーテン 代表取締役社長 CEOの澤邊芳明氏、「マグロ大学って言うてるヤツ、誰や?」という全面広告で有名な近畿大学 経営戦略本部/本部長の世耕石弘氏などの登壇も決定している。

 すでに決定している主な参加企業は、グリコ、ネスレ日本、コーセー、おやつカンパニー、ソフトバンクグループ、吉野家、小林製薬、サツドラホールディングス、損保ジャパン、三井住友カード、クラレ、レノボ・ジャパン、Indeed Japan、ダイキン工業、日本航空など業界業種を問わず、さまざまな企業の参加が決まっている。スポンサーは、ベストインクラスプロデューサーズ、ノバセル、SAKUSEN TOKYOが決定している。

 カウンシルメンバーには、Facebookジャパン マーケティングサイエンス統括 執行役員の中村淳一氏、パイオニア チーフ・デジタル・オフィサー(CDO)の石戸亮氏、ベストインクラスプロデューサーズ 代表取締役社長の菅恭一氏、ライフネット生命保険 代表取締役社長の森亮介氏、UCC上島珈琲 取締役副社長の里見陵氏の他に、資生堂、LIFULL、ノバセルなどが選出された。

ライジングアジェンダ 公式サイトは、こちら
   

ライジングアジェンダ カウンシルメンバー

 
森 亮介 氏
ライフネット生命保険株式会社
代表取締役社長
里見 陵 氏
UCC上島珈琲株式会社
取締役副社長
菅 恭一 氏
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ
代表取締役社長
石戸 亮 氏
パイオニア株式会社
チーフ・デジタル・オフィサー(CDO)
中村 淳一 氏
Facebookジャパン
マーケティングサイエンス統括 執行役員
大槻 開 氏
資生堂インタラクティブビューティー株式会社
DX本部/デジタル戦略部
榎本 佳代 氏
株式会社コマースOneホールディングス
事業企画開発
山崎 佑介 氏
ヘイ 株式会社
マーケティング ディレクター
 
楠 勇真 氏
ノバセル株式会社
ビジネスプランニング部 部長
木村 紗希 氏
株式会社LIFULL
クリエイティブ本部未来デザイン推進室 室長
 

ライジングアジェンダ2022 開催概要

 
名称
Rising Agenda 2022(ライジングアジェンダ)
日時
2022年12月7日(水)
会場
ベルサール新宿セントラルパーク
定員
200名
参加者
2022年12月31日までに、35歳以下の方が対象
参加費
ブランド:無料(審査有)
パートナー:2名 10万円
主催
株式会社ナノベーション
特別協力
アジェンダノート(Agenda note)

ライジングアジェンダ 公式サイトは、こちら

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録