tr?id=428144794277516&ev=PageView
&noscript=1
PHOTO | 123RF
“マッスルマーケーター”が教える、理想のECマーケターになるためのワークアウト #01

仕事も筋トレも同じ。マッスルマーケターが教えるECサイトの収益構造【ドゥクラッセ 藤原 尚也】

正しい知識やフォーム、サプリメントが必要

 皆さん、マッスルマーケーターの藤原尚也です!

 これから全6回の連載を通じて、成果を出すECマーケターに短期間でなれるように、私がトレーナーとなり、皆さんと一緒に成長していきたいと思います。

 仕事も筋トレも同じように、私は捉えています。

 
版権: iulianvalentin / 123RF 写真素材
 筋トレは、まさに自分自身との闘い。「しんどい」「辛い」「もうダメ」という状況から、「あと1回・・・」と自分に課題を課し挑戦することで、今日よりも明日、明日よりも明後日と、日々の成長に繋がっていきます。

 そのためには、もちろん正しい知識やフォーム、それから食事やサプリメントなどが必要で、単純に筋トレだけをすればいいというものではありません。

 仕事でも、自分自身の成長なくして、事業も新しい価値も創造できません。しかし、一人で成し遂げることもできません。多くの仲間と様々なツールを活用して、事業をスケールアウトしていくものだと思います。

 今回の連載では、読者自身のマーケターとしての成長と、チームとしてどう組織や体制をつくっていくかをお話していきたいと思います。
 

ECサイトの収益構造の理解が鍵

 第1回目ではタイトルの通り、「ECの収益構造」の理解から始めたいと思います。

 私が、なぜこのテーマを最初に持ってきたのかというと、「EC」と一言で言っても企業や商品、ブランド、リソースによって状況が異なりますが、収益構造の仕組みは大きく変わらないうえ、成長していくために重要だからです。

 自分自身のEC事業の課題をどう見つけて、どのように改善していけばいいのか可視化ができなければ、マーケターとしてアクションがとれないでしょう。また、成功や失敗の要因もわからないまま、なんとなく“うまくいっている”という感覚になります。

 その結果、商品の良さや広告表現、時期などが、たまたま良かっただけという、不特定要素(我々は外的要因といいます)が多くなり、マーケティングではなく「感性」になります。

 私は、少しでも多くの方に仕組みを理解してもらい、スピードの速いデジタルマーケティングのツールや技術をどう自社事業に活用するかを、考えられる力を見つけてほしいと思っています。
 

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録