ビジネスにイノベーションを起こす「思考法」 #27

急成長の高級バッグ シェア&サブスクサービス「ラクサス」児玉社長が語る、ビジネスが成立する法則

男性を高級バッグのシェア市場にどう取り入れるのか




児玉 バッグの売買は、女性に限った行動ですが、ラクサスのビジネスモデルに男性も取り込もうとしています。というのも、市場においてモノの価値を高めるためには、モノに希少性を持たせるか、売買するプレイヤーを増やすかのどちらかしかありません。

 しかし、希少性を出すといっても、私たちはバッグをつくることも、その数を減らすこともできません。そこで、プレイヤーの数を増やすことにしたんです。

 ただし、男性をターゲットにしてもバッグが売れないことは、分かっています。そこから「ラクサスエックス」を始めて、投資家として男性を市場に入れることにしました。実際、バッグの貸し出しで儲けている男性が多くいます。バッグのブランドごとの稼働率もオープンにしており、セリーヌのカバンが一番人気と分かって何百個も貸し出す人がいて、中には利回りが50%を超えている人もいるんですよ。

田岡 投資家を呼び込むことにより、在庫数によるボトルネックがなくなり成長スピードも上がり、資本効率も良くなりますね。

後編 起業資金7億円はどう貯めた? 紆余曲折で生まれた高級バッグシェア「ラクサス」に続く
他の連載記事:
ビジネスにイノベーションを起こす「思考法」 の記事一覧

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録