tr?id=428144794277516&ev=PageView
&noscript=1
キャリア

【速報】元日本マクドナルドCMO 足立光、次の舞台は「ポケモンGO」で知られるナイアンティック

シニアディレクターに就任し、マーケティングチームを牽引


 元・日本マクドナルド CMOで、業績低迷に苦しんでいた同社V字回復の立役者のひとりとなった足立光氏が9月28日から、「ポケモンGO」「イングレス」などのゲーム開発会社として知られるナイアンティックに転職したことが分かった。

 足立氏は、ナイアンティック アジアパシフィック プロダクトマーケティング シニアディレクターに就任。ゲームのユーザー獲得やマーケティングチームのマネジメントの任に就くとみられる。

 日本マクドナルド時代、足立氏は「裏メニュー」や「グランドビッグマック」、「ポケモンGO」とのコラボレーションなど話題性のある企画を仕掛け、復活に導いたが、6月末に同社を退職。その行き先が注目されていた。

 ナイアンティックは、Google EarthやGoogle Mapの責任者を務めたジョン・ハンケ氏らが2015年にGoogleから独立してつくった企業。「イングレス」や「ポケモンGO」など、地図とテクノロジーを連携させた「リアルワールドゲーム」を開発している。また、「ハリーポッター」の提供を予定している。

 アジェンダノートでは近日中に、足立光氏のインタビュー記事の掲載を予定している。

参考:
足立光氏が語るキャリア「危機的ブランドの復活請負人 劇薬系マーケター 足立光」
会員制ビジネスサロン「足立光の無双塾」    

足立 光(あだち・ひかる)氏 経歴


1968年、米国テキサス州生まれ。一橋大学商学部卒業。P&Gジャパン マーケティング部に入社し、日本人初の韓国赴任を経験。ブーズ・アレン・ハミルトン、およびローランドベルガーを経て、ドイツのヘンケルグループに属するシュワルツコフヘンケルに転身。2005年には同社社長に就任。赤字続きだった業績を急速に回復した実績が評価され、2007年よりヘンケルジャパン取締役 シュワルツコフプロフェッショナル事業本部長を兼務し、2011年からはヘンケルのコスメティック事業の北東・東南アジア全体を統括。ワールド 執行役員 国際本部長を経て、2015年、日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長。2018年9月28日、ナイアンティック アジアパシフィック プロダクトマーケティング シニアディレクターに就任。会員制ビジネスサロンである「足立光の無双塾」 を主宰している。

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録