tr?id=428144794277516&ev=PageView
&noscript=1
カンファレンス

普段は表に出ない「六本木 高級クラブ」経営者に聞く、夜の社交場のいま【足立光の無双塾 レポート】

 日本で最も注目を集めるマーケター 足立光氏が主宰し、仕事とプライベートで勝つための方法を伝授する会員制ビジネスサロン「足立光の無双塾」

 第2回オフラインイベントに登場したのは、普段は表に出ることがない、六本木の高級クラブ「フェリーク」の経営者。本サロンの会員だけが見ることができる当日の様子の一部を特別に公開します。
 

キャバクラは個人戦、クラブは団体戦

足立 田原さんは以前、六本木の老舗クラブ「LEX TOKYO(レックス東京)」の社長もしていらっしゃいました。まずは、キャバクラとクラブの違いからお聞きしたいのですが。

田原 キャバクラはお客さまと女の子が1対1ですが、クラブは1人のお客さまを複数人でみます。キャバクラでは、ヘルプの子とお客さまは連絡先の交換ができません。一方で、クラブはテーブルについた女性全員と連絡先の交換をしていいんです。みんなで1人、2人のお客さまを呼びましょうと。

 キャバクラの場合、お客さまが同じ日に集中するとアフターに誘われても断らないといけない。でも、クラブは、「私は行けないから、○○ちゃん代わりに行ってくれる?」とうまいさばきができる、それがクラブの利点です。
 
足立光氏と、瀬里奈フォーラムグループ「六本木クラブ フェリーク」副社長 田原好二氏
足立 キャバクラは個人戦、クラブは団体戦ですね。田原さんが教えてくれた以外の違いとしては、キャバクラは客から指名があると女の子はお金をもらえます。また、クラブはママが売上の全責任を持っていますよね。

 六本木のキャバクラだと1時間2~3万円、恵比寿や渋谷だと1万5千円~2万円が相場です。一方で、高級クラブは1時間半で7万円くらいかかります。これだけのお金を払って、クラブに行くのはなぜでしょうか?
 
「足立光の無双塾」
オフラインイベントの動画が見れる!Facebookで交流できる!
スタンダード会員の詳細・お申し込みは、こちら
 

「女性、ステイタス、居心地の良さ」が揃うクラブは、男性の第3の居場所

田原 第一は女性でしょう。素敵な女性に会いに行くのです。それからステイタスもあります。銀座や六本木のクラブに行くと、「あの人見たことあるな」「あの企業の社長さんだな」と、その空間にいることがステイタスになります。最近は、経費削減の影響で少なくなりましたが、社長さんが部下を連れて来て、「お前もがんばれば、こういうところに飲みに行けるんだ」というモチベーション向上が目的のケースもあります。

 それから、遊びを通じて人のちょっとした部分が見えてくるので、接待であえて酔わせて、その人の本質を見ようという目的もあります。

 会社の社長も家に帰れば、ただのお父さんです。まっすぐ帰っても居心地が良くないのが現実なわけで。娘くらいの年齢の女性に「足立さ~ん」なんてやられると、「やっぱりここは居心地がいいな」となるわけです。男性スタッフとも仲良くなると、気軽に一人で行けるようになりますし。

 ここでは言えませんが、本当にすごい人たちが銀座、六本木には飲みに来ます。その方が、また他の社長さんを連れてきて、仕事につながることもありますよね。夜のクラブ活動は、男性の「第3の居場所」みたいなことです。

足立 ずいぶん長く話しましたね(笑)。女の子、ステイタス、居心地は、大事ですね。男性って、基本的に家でも会社でも義務がいっぱいあるんです。でもクラブにはそれがない。だから「第3の居場所」というのは大きいと思います。
 
オフラインイベントでは毎回、足立さんを囲んでの懇親会を開催(現在、オフラインイベントに参加できるプレミアム会員は定員に達したため、申し込みを受付ていません。空きが出た場合、スタンダード会員から優先的に案内します。スタンダード会員の詳細・お申し込みは、こちら)。
田原 我々、瀬里奈グループは六本木、銀座、新宿でしゃぶしゃぶやステーキレストランを展開していて、海外の映画スターも食べに来てくださるんです。その別事業が六本木の「フェリーク」「花かんざし」「キンコンカ」、銀座の「ピロポ」など高級クラブです。

足立 瀬里奈グループの一番の特徴は、歴史だと思います。キャバクラもクラブも回転が激しい中で、長く続いている秘訣は?

田原 瀬里奈という看板が強くて、お客さんの層がいいことですね。瀬里奈のお客さまは何十年と通ってくれています。銀座や六本木で何百万円もするドンペリのピンクを毎日バンバン開けている人は長く続きません。
 

稼がせることで、キャストのやる気を出させる

足立 長くお客さまが通ってくれるポイントは、女の子ですか。

田原 結局は女性です。他のクラブに行くと「昔、瀬里奈グループにいました」というママが多いんです。瀬里奈出身のスタッフ、女の子はプロの世界で活躍しています。瀬里奈グループが長続きしているのは、そういった伝統が受け継がれているからなのではないかと思います。

 あまり派手な子は置きません。置いてしまうとそれらしいお客さまが増えてしまうので。銀座の有名クラブでも“ケバい女性”が少ないお店の方がいいお客さまが多いです。お客さまが食事に連れて行ってくれるようないい店には派手な子は連れていけないですからね。清楚な子をどれだけ集められるかはポイントのひとつです。

足立 どうやって集めているんですか。

田原 昔は街中でスカウトできたのですが、10年ほど前からできなくなったため、今はスカウト専門業者に依頼しています。

足立 面接しますよね。いい子と悪い子はどうやって判断するんですか。

 続きは、「足立光の無双塾」会員の方だけがご覧になれます(記事の続きのほか、動画も閲覧可能です)。お申し込みは、こちらから。
 
「足立光の無双塾」スタンダード会員ができること
  •  定例イベントのトークショー動画閲覧
     ※トークショー内の一部コンテンツ(60~90分)を楽しむことができます
     ※動画はFacebookのグループ上でLIVE配信されるほか、動画閲覧専用サイトで過去動画も閲覧できます
  •  Facebookグループ上での足立光氏との交流、投稿の閲覧<ビジネススキル、マーケティングや経営トピック(書評など)、遊びに関する情報など>。
  •  オフラインイベントに参加できるプレミアム会員に空きが出た場合、スタンダード会員から優先的に案内します
続きはこちら ※ログイン画面が表示されない方は、本ページをChromeやSafariなどのブラウザからご覧ください

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録