SNS・消費行動から見えてくる20代女子のココロ #12

サントリーの人気コーヒーショップ「TOUCH-AND-GO」に見た、外見カスタマイズの大切さ

カスタマイズ○○が、わたしたちにどう”遊ばれる”か


 外見のパッケージをカスタマイズできることで成功するパターンは、いくつかの系統があるように思う。そのひとつ目が「TOUCH-AND-GO COFFEE」 の事例でもある”推し○○”のパターンだ。

 似たような企画で、資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」のボトルのカスタマイズ(アセきゅんストア)も話題になった。
 
シーブリーズ「 Deo&Water(3種類)」のオリジナルボトルがつくれるサービス。仲間同士でつくれることを打ち出している。(画像出典:https://store.seabreezeweb.com/

 こちらも、ボトルの色(香り)とラベルのカスタマイズが可能で、自分の“推しボトル”をつくる人を何人かSNS上で見つけた。

 ポイントは、カラーバリエーションと、カスタマイズできる箇所に基本的には”名前を入れる”とされているところだ。推しているメンバーのカラーを模したボトルに、推しの名前を入れられるという“完璧な体験”ができる。

 もう一つのパターンが定番の“プレゼント”需要だろう。

 エスティ ローダーやイヴ・サンローランなどの名入れリップは、プチプレゼントの定番になっている。もらった方も特別感があって嬉しいし、InstagramなどのSNSにも載せやすい。こちらもわかりやすい外見のカスタマイズだ。

 プレゼントとして成立するための高いブランド力も必要なため、この例は少しハードルが高いかもしれないけれど。

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録