tr?id=428144794277516&ev=PageView
&noscript=1
トップマーケターが「おススメするマーケティング本」 #02

読書の秋、トップマーケターが「おススメするマーケティング本②」【田中安人、田口歩、田原美穂、中村大亮、中尾賢一郎、永野正則】

前回の記事:
【読書の秋】トップマーケターがおススメする「マーケティング本」小山典孝、坂本幸蔵、鈴木健、粕谷俊彦、川邉雄司、菅恭一 ①
読者の秋、活躍しているマーケターに「おススメのマーケティング本」について、3冊ずつ聞きました。
 

吉野家 CMO 田中安人

■1冊目 「方法序説」 デカルト

 物事の本質を追求する思考力、マーケッターとしての存在意義を探究し、迷いがなくなります。少し難解ですが、熟読した先に真理の探究の未来が見えてきます。

■2冊目 「企画力: 人間と組織を動かす力」 田坂 広志

■3冊目 「ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか 」 マルコム グラッドウェル

 

サンリオ CDO 田口 歩

■1冊目 「誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論」 D. A. ノーマン

 原著は30年前に出版された古典ですが、認知心理学の観点から人間にとってより良いデザインとは何かについて書かれた名著です。 モノ消費からコト消費へと生活者の購買行動が変化し、企業のマーケティングにおける顧客体験の重要性がより声高に叫ばれる昨今。この本は、顧客視点で優れた体験価値をデザインするための本質的で重要な気づきを与えてくれます。「人間中心デザイン」は、現代でこそ必要とされているのです。

■2冊目 「ビーイング・デジタル - ビットの時代」 ニコラス・ネグロポンテ

■3冊目 「発想する会社! - 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法」 トム・ケリー、ジョナサン・リットマン

 

H&M Japan Marketing・Media Manager 兼 H&M Club Manager 田原美穂

■1冊目 「ファンベース-支持され、愛され、長く売れ続けるために」 佐藤尚之

 「ターゲット(標的)を決めて、広告を打(撃)って、トラッフィクを連れてきて、刈り取る」手法に違和感を覚えていた時に出会った”ファンベース”という考え方。顧客と継続的に真摯に向き合うことで「信頼」が生まれ、「応援」してくれるようになる。顧客が「共感」している点を傾聴し、強化することで「熱狂」してくれるようになる。顧客との接点を増やすことで「愛着」を持ち「唯一無二」の存在になる。本質的な関係構築を学べる本。

■2冊目 「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」 本田哲也

■3冊目 「さよなら、インターネット-GDPRはネットとデータをどう変えるのか」 武邑 光裕

 

Supership 執行役員 CMO 中村大亮

■1冊目 「みんな集まれ! ネットワークが世界を動かす」 クレイ・シャーキー著

 タイトルは“ノリ”づらいかもしれませんが、内容はソーシャルネットワークの本質を数多くの事例から紐解いた解説書です。おススメの対象者は、ソーシャルネットワークに対してモヤモヤしている初心者の方。単なる事例紹介本ではないので、2010年に出版された本ですが、今読んでも色あせた感は全くなく、テンポよく読み進めることができます。基礎的な社会学も学べるので、概念的な表現が苦手な方でも読みやすいと思います。

■2冊目 「ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 上下」 ダニエル・カーネマン

■3冊目 「社外プレゼンの資料作成術」 前田 鎌利

 

グランドビジョン 代表取締役社長 兼 プロデューサー 中尾賢一郎

■1冊目 「ビッグデータ・マーケティング」 リサ・アーサー

 マーケティングがデジタル・チャネルの急増と消費行動の変化に最も影響を受けている昨今、顧客理解の改善からデータ分析にいたるまで最も恩恵を受ける立場であるからこそ、マーケティングに関わる者はビッグデータに向き合う必要性があると感じた。

■2冊目 「ファンベース」 佐藤尚之

■3冊目 「エンパワード~ソーシャルメディアを最大活用する組織体制」 ジョシュ・バーノフ/テッド・社トラー

 

はとバス 広報室長 永野正則

■1冊目 「幸福を見つめるコピー 完全版」 岩崎俊一

 「マーケティングという刃を持ち、詩人の魂を持って、コピーライターは言葉をつくり上げる。だからこんなに胸に響く」と作家の林真理子さんが寄せている。単なる広告コピーのノウハウ本ではなく、日々の仕事に追われ疲弊し、先を見失いそうになっているマーケターのサプリかもしれない。マーケティングの本質を再認識する一冊。泣けた、熱くなった、そして繰り返し読んだ。もっと早くこの本に出会っていればと。

■2冊目 「ビーサン屋げんべい物語-葉山の片隅から世界を狙うオンリーワン商店」 中島広行

■3冊目 「小山薫堂 幸せの仕事術 つまらない日常を特別な記念日に変える発想法」 小山薫堂

 
※記事内で紹介した書籍をリンク先で購入すると、売上の一部がアジェンダノートに還元されることがあります。
続きの記事:
読書の秋、トップマーケターが「おススメするマーケティング本③」【能川一太、林 直孝、藤原尚也、藤原義昭、二口晃、本多尚彦、谷本秀吉】

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録