プロフィール

三寺 雅人

ADKクリエイティブ・ワン / FACT / エグゼクティブ・クリエイティブ ・ディレクター シティ・アクティベーター三寺 雅人

1997年 読売広告社でCMプランナーとしてキャリアをスタート。2003年に外資系広告会社ビーコンコミュニケーションズ / レオバーネット・東京に転職し、外資・国内双方のクライアントを担当する。
2009年に北海道夕張市の復興支援プロジェクトでカンヌ国際広告賞のプロモーション部門で日本初のグランプリを受賞後、2010年カンヌプロモ&アクティベーション部門、2013年スパイクスPR部門をはじめ、数々の国際広告賞の日本代表審査員を務めている。
2012年には、同社史上最年少(36歳)でクリエイティブ部署を統括するエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターに着任、同年JAAA主催のクリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリストにも選出される。
10年間勤めたビーコンの後は2014年に誕生した世界最大のアクティベーション・エージェンシーであるジオメトリー・グローバル・ジャパンにECDとして会社の立ち上げから参加、マネージメントとプレイヤーの両側面で組織をリードし4年連続で組織とビジネスを拡大する。
近年は地域の創生に関わり県や市のクリエイティブアドバイザーを務める。
2018年8月ADKにECDとして参画しクリエイティブブティック立ち上げのために始動している。

執筆者一覧

マーケターに役立つ最新情報をお知らせ

メールメールマガジン登録